ホーム

10月23日‐24日 福島県相馬市(蒼龍寺墓地) ボランティア活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
令和元年10月23日(水)~24日(木)  両日ともに、10:00~15:00
■ 活動場所、参加者数
福島県相馬市 蒼龍寺(曹洞宗)墓地  延べ12名(23日6名、24日6名)
■ 活動目的、内容
寺院墓地の土砂撤去作業
■ 活動団体名、活動者名 人数9名
・曹洞宗福島県青年会5名:本田和也師、斎藤紹俊師、三村浩史師、石井秀芳師、矢内大丘師
・蒼龍寺2名:田中俊英老師、田中俊幸師
・復興支援室 分室2名:斎藤光輝氏、佐藤正乗師

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・台風19号の影響により、墓地脇を流れる宇田川が氾濫。それにより、墓地内に土砂が流入し、全域が土砂で埋め尽くされた。
・成林寺(福島県伊達市)保管のストックヤードを利用しての活動。
・通路がせまいため重機が入れない。一輪車とスコップを使って、墓苑内の通路にたまった土砂をひたすら人力で撤去する作業。
・墓地駐車場を土砂の仮置き場とし、たまった土砂は、近隣業者に運搬を依頼。
・お昼休憩をはさみ、実働各2時間だが、ハードワークであるため、適宜休憩をとりながらの作業。
(ご住職のお話)
・墓地内には、無縁仏もあれば、墓地管理者が遠方に住んでいるため、泥をかぶったままのものもある。
日が経てば、掃除をした・しないが歴然としてくる。
・1986年の8.5水害の時よりもひどい状況。
■所感
・活動時は陽も差し、暑く感じるが、休憩中に浜風もあることから、急激に冷えてくる。秋の災害であるため、防寒着も必要。
・墓地周辺の飲食店の中には、未だに営業を再開できない店舗もあり、各自の昼食や飲み物は事前購入が必要。
・台風の被害に遭った日から、今日現在まで何度か大雨が降っている。その都度、堆積した土砂が水を吸って重くなり、身体への負担も大きくなる。長期的な作業であるため、活動後の心身のケアが重要になってくる。
・お檀家さんも作業されている。ストックヤードからの資器材は共有し、また、作業の合間に立ち話をするなども、一呼吸する意味で必要である。

報告者 佐藤正乗

9月5日 福島県新地町(雁小屋団地) 行茶活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
令和元年9月5日(木) 13:30‐15:00
■ 活動場所、参加者数
福島県新地町 雁小屋団地 集会所  14名(男性2名、女性11名、子ども1名)
■ 活動目的、内容
行茶活動(傾聴サロン活動)、囲碁ボール
■ 活動団体名、活動者名 人数19名
山口県曹洞宗災害復興支援現地活動部8名:村上邦明師、清木賢明師、末武正憲師、清木玄栄師、
 土田裕明師、佐々木大観師、宮本昌孝師、金子昌寛師
曹洞宗福島県青年会3名:本田和也師、矢内大丘師、石井秀芳師
寺族1名:高崎ひろみ氏
曹洞宗 復興支援室3名:久間泰弘師、斎藤光輝氏、佐藤正乗師
新地町社会福祉協議会2名、新地町生活支援相談員2名

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・雁小屋団地を訪問するのは、今回で7回目
・震災前、沿岸部に住居があった方は、みな高台に移転してきた
・徐々に、集会所に集まる機会(イベント等)が減ってきている
・語り継がなければならない記憶が薄れつつある
・避難先に生活基盤を築いた方もおり、地元には戻ってこない

■所感
・囲碁ボールゲームを楽しむ参加者の様子を見ながら、「皆のこんなに明るい笑顔をみるのは初めてじゃないかなぁ」という言葉が印象的だった。
・住民の皆さんと僧侶が一体となってゲームを楽しみ、サロンの時間はあっという間に過ぎ去った。
・帰りに飯舘村を視察した。モニタリングポストの数値を見て、原発事故は現在進行形であると実感した。

レポート編集 佐藤正乗

9月5日 福島県新地町(大戸浜コミュニティセンター) 行茶活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
令和元年9月5日(木) 10:00‐12:00
■ 活動場所、参加者数
福島県新地町 大戸浜コミュニティセンター  10名(女性)
■ 活動目的、内容
行茶活動(傾聴サロン活動)、ビーズブレスレット作り、囲碁ボール
■ 活動団体名、活動者名 人数17名
山口県曹洞宗災害復興支援現地活動部8名:村上邦明師、清木賢明師、末武正憲師、清木玄栄師、
 土田裕明師、佐々木大観師、宮本昌孝師、金子昌寛師
曹洞宗福島県青年会1名:野田精顕師
寺族1名:高崎ひろみ氏
曹洞宗 復興支援室3名:久間泰弘師、斎藤光輝氏、佐藤正乗師
新地町社会福祉協議会2名、新地町生活支援相談員2名

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・大戸浜コミュニティセンターを行茶活動で訪問するのは3回目。いずれの回も山口曹青とご一緒しているため、参加者の中には、その顔を覚えて下さっている方もいらした。
・前回(2年前)作ったビーズブレスレットを持参され、修理を頼まれる方がいた。
・ビーズブレスレット作りの後、囲碁ボールゲームを行った。とても盛り上がった。
・妹夫婦や親を津波で亡くした。初めて行茶活動に参加した私にお話しして下さった。
・沿岸部は震災前後で風景が一変した。昔の面影がなくなってしまった。
・原発付近はまだ常磐線が寸断されたままであるが、新地町では再開している。電車が動くと活気が出るようで嬉しい。
・現在も、水揚げされた魚は放射線量を測定している。
・他の地域に比べて、新地町にはボランティアや有名人があまり来なかった。その分、来たときは嬉しかった。
・サロンのお礼にと、お刺身やスイカ、フキ、イナゴの佃煮などたくさんのお接待をいただいた。

■所感
・初めて行茶活動に参加した。震災のお話を直に伺うことができて有意義な活動となった。
・3回目の訪問となる。沿岸部の風景が年々変化しているように感じた。
・私たちのために手料理のお接待をしていただき、感謝の気持ちでいっぱいである。

レポート編集 佐藤正乗

山形県沖地震 一般ボランティア活動

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
 令和元年6月27日(木) 9:00~12:00

■ 活動場所
 山形県鶴岡市小岩川地区

■ 活動目的、内容
 一般ボランティア ※鶴岡市ボランティアセンターを通しての活動
 落下した瓦の撤去作業と廃棄物(主に瓦)の分別作業

■ 活動団体名、活動者名 人数35名 (男性30名 女性5名)
 一般        34名 ※20代から60代の方々が参加されていた。
               ※参加者は地元の方から兵庫県や東京都 遠方からの方もおられた。
曹洞宗 復興支援室 1名:斎藤光輝

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・ボランティア募集期間の最終日に参加となった。(募集期間6/25~27の3日間)
  ・3日間の中で一番参加者が多かったよう。※担当職員より
  ・ボランティア受付時にお水(500ml)・マスク・軍手の配布があった。
  ・活動場所へはマイクロバスでの移動。参加人が多くワゴン車を1台追加しての移動となった。
  ・到着後、3版(A班・B班・C班)に分かれての作業となった。
  ・【各班の作業内容】A班:落下した瓦の破片の片付け
B班:同上
C班:業者さんが屋根から落とす瓦の撤去作業 ※ヘルメット持参者が選ばれた
  ・A班B班は担当エリアを割り振られ作業にあたった。
  ・その後、廃棄物の分別作業を行った。主に瓦の分別(セメント瓦と粘土瓦の分別作業)
  ・適時に休憩を取りながら作業を行った。
  ・家が密集している海沿いの地区。※海の仕事をされている方が多いのでは
  ・道幅が狭く、車同士がすれ違うには徐行または一方が停車しないとすれ違えないほど道幅。それに歩行者や自転車が通る道が交さしている。
  ・地区全体の9割以上が瓦屋根、その半数に近い家が瓦の落下被害があったように見受けられた。
  ・屋根に被害があった家にはブルーシートなどで応急処置がされていた。
  ・ブロック塀の少ない地区。※塀を立てるスペースの問題もあるのかもしれない。
  ・古く見える建物が多く、全壊・半壊の指定を受けている建物が多く見受けられた。
  ・雨の中の作業となった、午後もより強く降る予報。
  ・目標作業が午前中で終了したこともあり、また上記の事もあり午前中での作業終了となった。
  ・3日間作業された方も数人おられた。
  ・最終日となり担当者より、ボランティア延べ人数150名 専門業者延べ人数150人とあいさつの中で報告があった。
  ・酒蔵ボランティアの募集は継続している。※ML情報・鶴岡市HP情報
■所感
  ・鶴岡市内で一番被害が多かった地区でのボランティア活動となった。建物への被害が大きく件数も多かった。
・今後は建物の修繕は進んでいくが震災にあわれた方々への長期のケアが必要になってくる。

6月10日 福島県新地町(被災高齢者共同住宅) 行茶活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
令和元年6月10日(月) 10:00‐12:15
■ 活動場所、参加者数
福島県新地町 被災高齢者共同住宅  16名(男性4名、女性12名)
■ 活動目的、内容
行茶活動(傾聴サロン活動)、鍼灸・指圧
■ 活動団体名、活動者名 人数12名
NPO法人鍼灸地域支援ネット1名:浜野浩一氏
曹洞宗福島県青年会1名:石井秀芳師
寺族1名:高崎ひろみ氏
曹洞宗 復興支援室3名:久間泰弘師、斎藤光輝氏、佐藤正乗師
新地町社会福祉協議会2名、新地町生活支援相談員2名、福島県社会福祉協議会2名

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・鍼灸地域支援ネットが行茶に帯同するのは29回目。新地町被災高齢者共同住宅での活動は今回が初めて。
・行茶を行うメインの洋間と、続きの6畳の和室に、分室保管のベッド2台を設置し、施術を行った。洋間との間はパーテーションで仕切った。
・7名に施術。内訳は以下の通り。女性6名・男性1名、70代2名・80代・名、90代・名
鍼+指圧施術2名、鍼+灸施術1名、指圧のみ4名
・天候は小雨。屋内はやや肌寒いが、エアコンをつけるほどではなかった。
・入居者が亡くなることにより、何軒か空き室がある。
・入居者に加え、他地区の方々とご一緒してのサロン活動だった。そのため、同じ町内とはいえ、初めましての方々も多かった。

■所感
・小雨が降るあいにくの天候でしたが、集まりがよく、賑やかでした。地元の昔話の語り部として名前を知られているという小野トメヨ様が、昔話と、震災時の体験談を語ってくださいました。大正生まれとは思えない、張りのあるよく通るお声が、パーテーションで隔てられた施術室まで、はっきりと聞こえてきました。昔話は艶のあるお話で、参加者の皆様も大笑いしておられました。津波が来た時の話は、直に経験していない私にとっては、大変勉強になるものでした。大勢の方が亡くなられた話でしたが、深刻な中にユーモアも交えて語っておられ、その離れ業に感銘を覚えました。
・これまで訪問してきた復興住宅や仮設住宅の方々と比べて、今回施術させていただいた7名は平均年齢が高く、90代の方が2名おられました。しかし、ご両名とも、症状の訴えはありますが、心身ともにとてもしっかりしておいでで、実年齢よりずっと若く見え、驚かされました。
・困っていることはないかお尋ねすると、「前は広い家だったので、今は狭くて困る」という方がおられました。また、「浜の方は風があって涼しかったが、小川に来てからは夏が暑い」という方もおられました。
・症状があっても、「病院は嫌いだから行ってない」という方や、医師の指示通り薬を飲んでいない方がおられました。病院嫌い、薬嫌いの方も、鍼灸師・マッサージ師には相談しやすいということは、よくあります。私が東京の人間なので、地元の病院への不平も言いやすい、ということもあるかもしれません。薬の服用に関しては、医師・薬剤師ではないので、口出しできませんが、症状が改善していないのなら、病院で言われた通り飲んでみて、様子をみてはいかがですか、と申し上げると、納得されたご様子でした。
・地域の語り部の女性の方から新地町の昔話をお話しいただいた。94歳というご高齢を感じさせない、よく通るその声は耳に心地よく、終始聞き入ってしまった。話の終わりにある本を手にされた。その本(『あなたに花束を』)は、7年前、私たちが仮設住宅の皆様へとお配りしたもので、以来、大切に、お守りのように傍らに持ち続けてくれていたとのこと。そのことに有難みを覚えるとともに、何かを配る側にとっては“モノ”であっても、受け取る当事者のお一人お一人は、添えられた想いとともに受け取って下さっていること、受け取ったその時の情景や気持ちまでをも思い出させてくれるツールにもなること、さらには年数を重ねて愛着が芽生えることなどを改めて認識させられた一コマだった。

レポート編集 佐藤正乗

3月4日 福島県二本松市(石倉団地) 行茶活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
平成31年3月4日(月) 10:00‐12:30
■ 活動場所、参加者数
福島県二本松市 石倉団地集会所  13名(男性5名、女性8名)
■ 活動目的、内容
行茶活動(傾聴サロン活動)、鍼灸・指圧、ビーズブレスレット作り
■ 活動団体名、活動者名 人数10名
NPO法人 鍼灸地域支援ネット1名:浜野浩一氏
曹洞宗 復興支援室4名:久間泰弘師、斎藤光輝氏、陳 盈澄氏、佐藤正乗師
二本松市社会福祉協議会2名:山田氏、鈴木氏
福島大学ボランティアサークル3名

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・初訪問。石倉団地は二本松市内で一番大きな公営住宅。入居者のほとんどが浪江町の方々だが、飯舘村の方も少数住まわれている。
・鍼灸地域支援ネットが行茶に帯同するのは28回目。石倉団地での活動は今回が初めて。
・行茶を行うメインの大広間と続きの6畳の和室に、分室保管のベッド2台を設置し、施術を行った。 ひな壇が飾ってあったため、ややスペースが狭かったが、施術は問題なく行えた。大広間との間は障子で仕切り、パーテーションは設置しなかった。
・8名に施術。内訳は以下の通り。女性6名・男性2名、50代1名・60代1名・70代1名・80代5名、
鍼+指圧施術5名、指圧のみ3名
・天候は雨。屋内はやや肌寒く、エアコンと湯たんぽを使用。
・(飯舘村の方のお話)入居前、浪江町の方が多いことから、仲良くなれるのか心配だったが、内覧や引っ越しの段階から、「いつ越してくるの?」等のフレンドリーな言葉をかけていただき、気持ちが楽になった。入居後も、早くに皆の中に馴染むことができた。
・飯舘村の村長のツテで、内職(ビーズブレスレット作り)をしている。今日も、ブレスレット作りがあると聞いて、石を見たくてやってきた。
・村の実家は蕨平(帰還困難区域に指定されている長泥地区隣)にある。立ち入り禁止のバリケードまで歩いていける距離。放射線量は長泥地区と変わらない。なのに、避難解除されてしまった。
・サロンの途中、福島大学の学生3名が来所。同大ボランティアサークルのメンバーで、住民さん方とも何度も面識がある様子だった。卒業・就職を機に福島を離れるようで、その別れの挨拶とのこと。

■所感
・初めての会場でしたが、個室で充分なスペースも確保でき、スムーズに施術できました。
・浪江町から避難されている方が大半とのことで、帰還困難区域から避難されているという方も施術さ
せていただいた中におられました。
・慢性・急性の腰痛・肩こりが主訴としては多かったです。
・継続的に受けたいが、近くの鍼灸院を知らないとおっしゃる方に、福島市の鍼灸師を紹介させていた
だきました。福島市にお子さんがお住まいなので、訪ねる際に受診できれば、とおっしゃっていました。
・初めての訪問だった。不安もあったが、参加者の皆さんが快く受け入れて下さった。震災から間もなく丸8年が経つが、住環境が移り変わっている今ならば、そのスタートに乗じて、新たな場所でも活動の幅が広げられると思った。
・当室のサロン事前告知が上手くいかず、開始早々は参加者もまばらだったが、社協さんの声掛けのおかげで次第に増えていった。初開催、できれば事前に自治会の皆さんといったんお会いし、活動の趣旨を説明することが大切だと反省。

・NPO法人鍼灸ネットによる次回活動は、6月10日(月)の予定。

レポート編集 佐藤正乗

12月10日 福島県新地町(雁小屋団地) 行茶活動報告

コメントを残す

■ 活動日 活動時間
平成30年12月10日(月) 10:00‐12:00
■ 活動場所、参加者数
福島県新地町 雁小屋団地集会所  11名(男性1名、女性10名)
■ 活動目的、内容
行茶活動(傾聴サロン活動)、鍼灸・指圧、水引工作
■ 活動団体名、活動者名 人数10名
NPO鍼灸地域支援ネット1名:浜野浩一氏
曹洞宗福島県青年会(相双支部)1名:石井秀芳師
寺族1名:高崎ひろみ氏
曹洞宗 復興支援室3名:斎藤光輝氏、陳 盈澄氏、佐藤正乗師
新地町社会福祉協議会4名

■ レポート(箇条書きが望ましい)
・鍼灸地域支援ネットががんご屋団地で活動を行うのは平成30年9月に続いて5回目(初回は平成27年11月で、まだ仮設住宅だった時)。
・前回同様、行茶を行うメインの大広間とは別の6畳の和室に、分室保管のベッド2台を設置し、施術を行った。パーテーションは設置しなかった。
・5名に施術。内訳は以下の通り。女性5名、新患1名・再診4名、60代3名・70代2名
・再診4名のうち3名は平成25年9月に小川公園仮設住宅で施術させていただいた方だった。
・全員が鍼施術を受け、指圧のみの方はいらっしゃらなかった。
・前日初雪による積雪があったが、当日は雪も解けており、冬晴れとなった。
・エアコンを使用。最初は部屋が冷えていたので28度に設定し、途中から25度に下げた。施術を受ける方は一部、肌を露出するので、室温は高めの方が快適と思われる。
・冬季なので、湯たんぽを各ベッド2個ずつ使用し、施術を受ける方の足を温めた。これはいつも好評をいただいている。
・施術の合間、水引作りを行う。お正月が近いこともあり、好みのポチ袋を選んでいただき、それらに付ける水引を各自に作っていただいた。
・水引作りは、認知症予防に良い。
・家でもやってみたい。水引がほしい、どこに売っているか教えてほしい。
・この団地には、町営の災害公営住宅も含め86世帯が住んでいる。地元の建設会社と大手ゼネコン2社が協働で団地を造った。
・国から助成金をとり、3つのサークル活動を行っている。そのうちの一つがフラダンス。つい昨日、そのコンテストが町内で行われた。団地からも数名参加、加えて応援にも赴いた。大変な盛り上がりだった。

■所感
・昨日初雪が降り、今日も冬らしい気温だったこともあったせいか、体が冷えておられる方が多いように感じました。施術後、2名が、体が温まったと喜んで下さいました。
・足のむくみと冷え症を訴えられた方がおられました。お話をうかがうと、ふだん、移動は車が多く、歩く機会があまりないとのことでした。脚力の低下は下肢に水がたまり、体を冷やすことになるので、歩く機会を増やす方が良いということと、余分な水を排出するには小豆やハト麦がよいというお話をさせていただきました。
・一週間前からの背部痛を訴えてこられた方がおられましたが、体をいろいろと動かしていただいたり、痛かった時の体位を再現していただいたりしても、痛みは現れませんでした。おそらくもう治っているものと思われ、そうお話させていただきました。一度痛みを感じると、痛みが治まっても心配で気になるものと思われます。ご自覚はありませんでしたが体の緊張はありましたので、余計な緊張を取る鍼を一本だけしたところ、15分ばかりよくお休みになっておられ、とても効いたということをおっしゃって、お帰りになりました。
・5年前に小川公園仮設住宅で施術させていただいた方が3名おられましたが、残念ながらこちらも先方も記憶になく、感激の再会とはいきませんでした。雁小屋住宅はもともと同じ地域におられた方が移り住んでおられると見え、昔からの顔なじみが多いようです。そういう仲の良さが、施術中、並んでベッドに休んでおられる方同士の会話から伝わってきました。
・今日の訪問先(参加者)は、復興支援から、“生活”支援というフェーズに移行しつつある場所のように思う。だからと言ってサロンの場がもう必要ない、ということではなく、例えば、会話の中から共通の知り合いの現況を知ったりと、例えばそれが、社協が支援介入するかどうかの議論の的になるなどの副次的な役割を担うこともある。

レポート編集 佐藤正乗

Older Entries